MENU

CAS 『Office 365のセキュリティ対策』

Trend Micro Cloud App Securityとは

Microsoft Office 365は標準でセキュリティを搭載していますが、今日の巧妙化した攻撃においては、高度な検知技術が必要です。クラウド to クラウドでのAPI連携が実現する「簡単な運用による手間の削減」を防御力と両立した、Trend Micro Cloud App Securityは、より安全なOffice 365の利用をサポートします。

近年の被害状況

<ビジネスメール詐欺(BEC)による被害>

ビジネスメール詐欺による被害は、総じて被害額が大きいことが特徴です。
近年、Office 365のログインを模倣したフィッシングでメールを盗み見し、巧妙に経営幹部になりすました被害が急増しています。
システム的な対応と共に、「人への啓蒙」「プロセスの確率」による多元的な対策が必要です。

クラウドだからって安心じゃない

クラウドストレージサービスでファイルをアップロードし、リンクをメールに添付できるようになるなど、ビジネスシーンが大きく変わったことで、脅威が含まれるファイルをアップロード、拡散させるリスクが高まっています。

特長・特性

メールからの侵入リスクを軽減

ビジネスメール詐欺、標的型メール、ランサムウェア、フィッシングメール・・・Microsoft Office 365をすり抜ける高度な脅威に対して、サンドボックスや機械学習など次世代技術を併用することで、メールからの侵入リスクを軽減します。

“個人情報を保存“の気付き

OneDrive for BusinessやBoxなど、クラウドストレージを業務で利用する際に、意図せず個人情報を置いてしまうリスクは避けなければなりません。うっかりを避けるために日本でも作成に参加したテンプレートを利用して、個人情報のクラウドストレージを検出し、無効にするとともに管理者・ユーザに通知します。

サービス紹介動画

導入事例

国内でのCASの導入事例をご紹介します。

ライセンスカウント定義

Trend Micro Cloud App Security(CAS) 課金対象 CAS を使用するメールアドレス数
ただし、Active Directory(以下、「AD」と表記します)等メールアドレス以外で対象サービスを使用している場合、メールアドレスと AD アカウントを使用しているのが同一人物ならば 1 として数えます。
【対象サービス】
Office 365 / Box / Dropbox
※上記対象サービスは事前の告知なしに追加・変更される場合があります。
詳細 ■Box, Dropbox の課金対象はCAS で守る各クラウドアプリケーションのアカウントとなります。
■Exchange Online の Office 365 グループ、共有メールボックスのメールアドレスは課金対象外となります。
■Dropbox Basic(無償版)ではサポート対象プランに含まれておらず、Trend Micro Cloud App Securityはご利用いただくことはできません。
■サポート対象外のプランでのみ利用するユーザは課金対象から除外いただけます。
■Box, Dropbox のサポート対象プランは製品 Web ページのシステム要件をご参照ください。
よくある質問と答え

Q 一人の社員が Office 365 / Box / Dropbox の 3 つのサービス全てを使用している場合、必要なライセンス数は 3 つでしょうか?
A いいえ、あくまでも利用するユーザ数なので、この場合は 1 ライセンスで結構です。

Q Office365 の無償アカウントは課金対象になりますか?
A トレンドマイクロとマイクロソフトはビジネスモデルが違うので、そのアカウントを CAS で守るのであれば課金対象になります。

ページトップへ戻る▲